忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Amazonをお得に利用できるポイントサイト「ハピタス」

[ポイントサイト] ブログ村キーワード

私は数多くのポイントサイトに登録しています。

そのサイトごとに独自の案件や還元率の違いがあるので、
案件ごとに一番還元率の高いサイトを利用しているからです。

しかし一番利用頻度の高いショッピングサイトであるAmazonについて、
ポイント還元してくれるサイトはいままでありませんでした。

ところが、昨年よりハピタスがAmazonでの買い物について
ポイント還元してくれるようになったのです!

これは本当に大きなことです。

Amazonは国内最大手で便利ですけど、
ポイントサイトユーザー的にはいまいちお得感がなかったんですよね。

それがハピタスのおかげで心置きなく利用できるようになりましたw

Amazon還元のおかげでポイントがこれまで以上に速いペースで貯まっています。

日本全国のAmazonユーザーは、
みんなハピタスに登録しておくべきだと思います。

それくらいお得感がありますよ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

会員数が150万人を突破したそうですけど、
それだけ人気になるのも当然ですね。

269g(ブログジー)の状況など

[ブログネタ] ブログ村キーワード

ブログネタを二つほど。

●269g(ブログジー)について

269g(ブログジー)で更新していたブログが、インデックス数1000を超えています。ところがページランクがつかず、アクセス数もほとんどありません。上位表示なんて全くされていない状況です。記事は全部オリジナルなんですけどね。初期の頃は文字数が足りませんでしたが、それでも相当な数の記事が、200文字を超えているはずです。

これだけの条件でもまったく評価されていないのは、納得できないですね。269gのドメイン自体がそれほど評価されなくなったのか、何なのか……。

●初心を思い出す

ちょっと昔の記事を眺めてみました。
そしたら、ブログ開設から数ヶ月で400記事を達成してました。どんだけ早いんだよ!

でも実際に頑張ればそれくらいはできるんですよね。私は初心を忘れていたみたいです。もっと気合を入れてやらねばなりませんね、本当に。

このブログはあくまでも更新頻度に特化していくつもりなので、これくらいの投稿間隔で頑張る予定です。応援よろしくおねがいしますね!

ブログタイトルで検索エンジン上に出てこない件

「レームの日記」というタイトルでブログを作成してしばらく経ちます。正確には1年以上経過していますが、途中かなりの期間中断していたので、開設からの経過日数はあまり意味が無いかもしれません。

1記事あたりの文字数という観点からは、概ね300文字をクリアしており、特にペナルティを食らうような内容でもありません。文字数稼ぎをしているので、そこはヤバイかもしれませんが、日本語として成り立っていない文章ではなく、どちらかというと文章が下手なだけという範疇に収まります。

つまり、特に問題のない日記ブログだと思うのです。

ところが、なぜかこのブログをタイトルで検索しても、検索エンジン上に出てきません。

それどころか、個別記事の方が上位表示される始末です。もちろんトップページがインデックスされていることは確認済みです。

これはペナルティの一環なのか、それとも他の要因があるのか、個人的に凄く心配です。

てか、特に問題ないはずのブログにこの仕打ちだなんて、Googleはどんどん精度が悪くなっているように思いますね。アルゴリズムが全く進化していない。むしろ悪化しているのでは?

競合他社を買収して統一ルールを策定しようとしても、それで質が下がるのはユーザーにとって不利益ですよ。安易な帝国化はやめて欲しいですね。

慣れによる効能

「質の高い行動を支えるのは、質の高い手順を繰り返すことで生まれる慣れである」

この一文が最近私の考えていることを端的に表しています。多くの行動は慣れによって質を上げることができます。最初はどんなに余裕がなくどんなに拙くても、繰り返すうちに慣れが生じて余裕が生まれます。例外はほとんどありません。人間は慣れる生き物だからです。

練習というのも、畢竟この慣れによる洗練を意図的に起こすための手段です。

ここから面白い結論を導き出すことができます。どんな行動も繰り返すことで洗練されて余裕が生まれてくるのであれば、最初から効果的な行動を意識して行ったほうがよいということです。効果的な行動とは、要するに行為者の処理能力への負担が大きいような行動なのが大半だと思います。効果的だけど複雑だったり難しかったりする、そんな行動を何度も繰り返すことで自分のものにすれば、非常に大きな武器になります。

この慣れという言葉をコンフォートゾーンに置き換えれば、苫米地英人先生が様々な著書で仰っている内容に近くなりますね。現状よりも高いレベルにコンフォートゾーンを持って行くことで、非常に大きなパフォーマンスを発揮できるのですね。

「記事の質」はユーザーのニーズとコンテンツのマッチ度で決まる

最近色々と思うことがあるのですが、特に気になっているのが「記事の質」なる言葉です。

どうも記事の質がどうこうといっている人の中に、あたかもそれが所与のものとしてユーザーのニーズとは独立に存在しているかのように勘違いしている人がいます。そういう人が、文字数がどうのこうのとほざいたりと、様々な都市伝説を生み出しているのでしょうね。

明らかに、コンテンツの品質というのは、記事内容だけでなくアクセスされたキーワード=訪問者のニーズとのマッチによって決まります。品薄の製品を探している人は在庫情報を欲しいのであって、それは1行程度の誘導と販売しているショップへのリンクで十分。というかそれ以外の情報は無駄であり、ユーザビリティを落とす文字数稼ぎです。

これを言い換えるなら、タイトルで思い切ってユーザーの属性を絞っていれば、どんな記事内容でも良質なコンテンツに変わりうるのです。大切なのは、訪問者のニーズに合致することであり、それは記事タイトルによる属性限定によって可能になるのです。

私は文字数にとらわれないこのような発想を、こちらの教材で学びました。

⇒ ビクトリーキャッシュ

表層的な文字数にこだわるのではなく、ユーザーのニーズにこそ着目すべきです。

PR