忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇団四季「ライオンキング」が「キャッツ」を抜いて上演回数日本一

劇団四季の人気ミュージカル「ライオンキング」の上演数が、「キャッツ」を抜いて日本一になったのだそうです。

日本に上陸したのが15年前で、通算上演8450回というから凄まじいですね。毎日1回上演しただけじゃ届かないというハイペースですよ。

ここまでのペースで上演されていたという事実にも驚きますが、それでも未だに公演は満員になるというのがまたすごいですよね。劇団四季のチケットは結構取りにくかったりしますし。

なお、「ライオンキング」は現在もロングラン公演中です。

東京公演は四季劇場「春」、大阪公演は大阪四季劇場が会場ですね。

まだ見に行っていない人も多いようなので、この機会に劇団四季のミュージカルを体験してみるのもいいかもしれませんね。

狩野英孝が「急性虫垂炎穿孔 限局性腹膜炎」で入院

[急性虫垂炎] ブログ村キーワード

狩野英孝が「急性虫垂炎穿孔 限局性腹膜炎」で入院したそうです。

深夜に腹痛を訴えてそのまま病院へと運ばれ、手術したそうですね。これっていわゆる盲腸でしたっけ?

入院は数週間になる見込みですが、本当に大変ですね。

狩野英孝って一発屋で終わると思われていた芸人でしたが、案外しぶとく残っていますね。最近ではリアクション芸人の道を歩み始めたと言われていますし、結構息の長い活躍になりそうです。

実際、若干の天然が入っているので、言われたとおりに素直に行動している感じが好ましいですよね。

下手な芸人を出すよりも、こういうリアクション芸人の方が味があっていいと思います。出川とかダチョウ倶楽部とか、絶対に消えませんからねw

でもリアクション芸人って頭も良くないと難しいように思うのですが、天然で大丈夫なのだろうかという気もw

ロンブー田村淳がツイッターで「需要なくなったら引退」発言

[田村淳 非難] ブログ村キーワード

ネットではネタが嫌だだの、子どもに見せたくないだのと非難されてまくっている芸能人、ロンブー田村淳。彼がツイッターで「需要なくなったら引退」と宣言していますね。

元々不穏な言動が多いツイッターアカウントでしたけど、これもファンからの「最近天狗だよな」という発言に対するリプライからの一連の流れでのこと。

一見当たり前のような気もするけど、問題なのはここで言っている「需要」が視聴者ではなくテレビ制作者からのものだってことだよね。

番組に呼ばれなかったら需要がないってのはおかしな話だし、そもそも番組に出てるとしても視聴者的にはまったく喜ばれていないゴリ押し芸能人はいくらでもいる。

この発言自体、どうも視聴者不在の感じが否めないね。

まあ、本人にそんなつもりはないのかもしれないけど、これまでの発言を見ているとどうにもね。

視聴者も望んでないのに消えずに残っている芸能人は色々いますけど、この人は消えるんじゃないかな。

芸風が喜ばれないよ。

辺見えみりが妊娠中の子の性別を発表 不妊治療の噂は?

[辺見えみり 妊娠] ブログ村キーワード

辺見えみりが妊娠中の第一子の性別を発表していました。

どうやらエコーを見た感じ女の子みたいですね。

辺見えみりと松田賢二との娘ですから、相当な美人になるんだろうなあ。ミーハーな私としては、今から楽しみだったりします。

そういえば、先日は東日本大震災から丸2年ということもあって、辺見えみりもブログでそのことに触れていましたね。ああいう災害があると、これから生まれる命が一層尊く思えます。

無事に元気な赤ちゃんを産んでほしいものですね。いちファンでしかありませんが、遠くから無事を祈っています。

……なんて、こんなことを書くと大げさですかね。

ところで、辺見えみりが不妊治療をして無事に今の旦那との間に子どもを妊娠したなんて話、ただの噂っぽいですよ。別に事務所とかがなにか言っているわけじゃないですし。

結局、前回のキム兄との結婚で子どもができなかったのは、作る気がなかったということみたいですね。

ネットの噂らしく、いかにも無責任な感じがしますw

浜木綿子 息子

[浜木綿子] ブログ村キーワード

浜木綿子という方が話題になっていたので、どういう人なのかと思って調べてみたら、なんと息子さんがあの「香川照之」だというじゃありませんか。

なるほど、この方がかの有名な香川照之の母親なのかと納得しました。

芸能生活60周年にもなるというから凄まじいキャリアですよね。それだけに香川照之の歌舞伎界入りには複雑な思いがあるようですけど。

まあ、新婚2年目の自分を捨てて出て行った夫の後を継ぐなんて言われたら、そりゃあショックも大きいですよね。

というか、歌舞伎役者とか伝統芸能とか家元とか呼ばれている人たちの世界というのは、世間からズレまくってますよね。非難されてしかるべきことを全くそのように認識していない。

芸の肥やしとか言うのは言い訳にならないでしょう。そもそも自分で体験しないと深みが出せないような役者なら、そもそも才能がないので辞めたほうがいいと思います。

経験したことがなくても、過去の似た様な体感を引っ張りだして臨場感を出せるのが真の役者です。自分が体験したことを重ね合わせるくらいなら、素人でもできますよ。そんなやつは現実に即した芝居しかできず、どうにもなりません。

ああ、なんか熱く語ってしまいましたが、要するに自分の甲斐性なしとか悪徳を芸能の世界特有の言い訳で糊塗するやつが大嫌いなもので(^_^;)

その反射効として、浜木綿子には元気に頑張って貰いたいものです。

PR